コンテンツへスキップ

プライバシーポリシー

今日のブリュッセルでの結果は、欧州諸国だけでなく、他の大汚染国からも気候変動対策へのコミットメントを確保するための厳しい道のりを示唆している。欧州委員会のウルスラ・フォン・デア・ライエン新委員長は12月11日、EUのグリーン・ディールを発表した。彼女の発表は、11月の欧州議会による「気候変動緊急事態」宣言に続くもので、グリーンピースの活動家たちは、ブリュッセルで開かれた欧州理事会の建物にこの言葉を掲げた。

プライバシーとクッキー

これらの企業は、NASAの商業月ペイロード・サービス(CLPS)構想を通じて、NASAのパートナーとなっている。CLPSはNASAのArtemisプログラムの第一段階であり、NASAは最初の女性と次の男性を月に送る構想を持っている。しかし、CLPSは有人宇宙飛行よりもむしろ、ロボット宇宙船と科学に焦点を当てている。目標は、民間企業が開発・運用する商業用着陸機を使って、月面に観測機器や科学実験を送り込むことである。